アクション

サルといっしょ【The Survivalists】

こんにちは、家主です

今回は2020年10月9日に発売したThe Survivalistsをプレイした感想を書いていきたいと思います。
体験版も配信されているので気になった方は是非プレイしてみてください!

このゲームを簡単にいうと、無人島で生き残るゲームです
簡単すぎですかね(笑)
シンプルなゲーム性ですが、自由度が高く時間を忘れてプレイしてしまいますよ
詳しくはこちらをどうぞ【The Survivalists−サバイバリスト】体験版やってみました!

体験版とは大違い!


当たり前ではありますが、体験版とは出来ることが全然違いました!

「クラフト」はやればやるほどアンロックされていきますし、拠点への襲撃も起こったりします。
そのせいで地面に置いていた物資は全部取られてしまいました(泣)
「チェスト」に入れていたものは無事だったので、物資(大事なものは特に)「チェスト」しまっておく方が良いようです

クラフトは作れるものは作れるときにどんどん作っていった方がよさそうです。
僕はアンロックしていないせいで、手当たり次第に「クラフト」していって素材が足りないなんてことがありました(笑)

「サル」が大事すぎる

このゲームの特徴でもある「サル」なのですが、めちゃめちゃ大事です!
体験版でもそうだったのですが、製品版をプレイしてよりそう思いました。物資集め・アイテム作成・料理・戦闘・探索の何を取っても必要になってくるので、まず初めにすることは「サル」を仲間にしていくことから始めることをおすすめします!

仲間にするには「サルまんま」(料理)をあげたり、檻に捕まっているのを助けたりするだけなので結構簡単です。
「サル」には作業の熟練度の様なものがあるので、仕事をさせればさせるほど効率が良くなっていきます。熟練度がMAXになると「サル」がやった方が早いです(笑)
特に「クラフト」はかなり早くなります!

最初のうちに集中してやっておくと後がかなり楽なので、まずはこれから始めるといいと思います。
戦闘においても「サル」が有能なので、集めれるだけ集めておいて損は無いと思います。

クラフトと設計図は別物

ほぼ一緒だろと思うかもしれませんが(僕はそう思ってました)
結構違いがあって、「クラフト」で作ったものは持ち運び可能ですが「設計図」で作ったものは基本的には移動が不可(椅子やチェストなどの一部例外はありますが)だったり、「サル」への命令も別枠扱いだったりします。

動かすことが出来ないので、場所を変えたい場合は一度破壊して再度作らなければいけないので設置する時は気をつけてください。
破壊すると素材が一部だけ戻ってきますが雀の涙程なので、素材に余裕がない序盤は特に注意が必要ですね。

そして、「サル」に指示を出す時は「クラフト」「設計図」で別々に指示を出さなければなりません。
僕は体験版の時にわかっていなくて、「サル」「設計図」の物は作れないんだと勘違いしていました。

ちなみになんですが、「設計図」はダンジョンでも使ったりします。
「木の床」「万能ポール」を使って足場を作らないと通れない場所もあるので、意外と木材が大事になってきます。探索する際は何個か持って行った方がいいかもしれません!(僕は現地で苦労しました(笑))

ダンジョンでお宝ゲット!!

ダンジョンには敵が多く出現しますが、その分報酬も美味しいです。
武器や素材が手に入り、初見なら「サル」も仲間にすることが出来ます!

始めたては特に1人での攻略は難しいと思うので、「サル」をできるだけ引き連れてダンジョンに挑むと楽に攻略できますよ

ダンジョン内の宝箱は木や岩と同じ復活するので、何度でも宝箱を取ることが出来ます。
もちろん敵は復活しますし、設置した「設計図」の物も無くなります(ダンジョン内の「かがり火」で料理ができるのですが、それは前回作った設定のままになっていました)

「マイクラ」「ドラクエビルダーズ」が好きな方にはおすすめしたい作品です!
「サル」を使った面白いシステムなので、新しい感覚でプレイ出来ると思いますよ。

ここまでご覧いただきありがとうございました!

では、サラダバー

ABOUT ME
yanushi
毎日、ゲームばっかりやってる 同居人はねずみ